Bujinkan Swiss Dojo Uster | 初見 良昭
Seminare, Bujinkan, Swiss Dojo Zurich, Pietro Luca, Dr. Maasaki Hatsumi, Kampfkunst
Bujinkan Swiss Dojo Zürich Schweiz, Ninjutsu, Nicole Hammer, Pietro Luca, Shihan, Kampfsport, Kampfkunst, Kampfsport Schule
16553
page-template-default,page,page-id-16553,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-6.1,wpb-js-composer js-comp-ver-6.2.0,vc_responsive

Masaaki Hatsumi

初美良昭(初見良昭、初美正明、初美良明、1931年12月2日野田生まれ、初美義昭)は1972年以来、武神館道場の長です。

若者と教育

7歳で初美は父親から剣道を学び始めました。 ちなみに、彼は合気道、柔道、空手も訓練しました。 学校では、初美は体操とボクシングを練習し、サッカーチームのキャプテンでした。 彼はダンスを練習し、それが彼が武道を学ぶのを助けました。 高校では、彼はさらにパンチして柔道を走った。 彼は演劇とドラマを学びました。

武道に目を向ける

彼は適切な武道を探し始め、上野という日本人の先生と格闘スタイル「古武術十八」を実践しました。 3年後、彼はスタイルを習得し、彼の上司は彼にこれ以上何も教えることができないと言った。 彼は初美に奈良に行って有能な先生を見つけるよう助言し、初美が25歳の時に[1]高松利次と出会い、そこで術を学んだ。 それ以来、初美は本州に15年以上にわたって週10時間旅行しました。 彼は金曜日の夜に野田を離れ、週末に先生と一緒に滞在し、彼と一緒に訓練しました。 彼は日曜日の夜に再び高松を離れ、月曜日の朝に練習を始めるために長い道のりを歩み始めました。
高松は初美に1958年3月に証書を授与し[2]、戸隠流の34代目であり、故に相続人であり、30歳で妻の麻理子と結婚した。

武神館の設立

初美は、9つの伝統(Ryuha)の大部分が分離されていなかったために、ユニットとして行使することを決定し、彼の道場を「武神館道場」と呼びました。 1997年9月9日、武神伝(本部)道場が開館しました。 それまで、初美は道場で生徒たちを交互に教えていました。

初美の訓練は最初は大変だったはずでしたが、1988年に武神館をこの側面に適応させて訓練を緩和することにしました。 1995年以来、武神館武道館武道体術の武道と呼ばれています。

列車

初美は、次の9人の竜派の後継者であると主張しています。

34.宗家-戸隠流忍法
28.草家-ぎょうっこ流腰術
28.草家-九重shin伝リュウ八方秘術
21.草家-玉心流忍法
第18回草家-江東流工法
17.草家-高木洋進流柔術
16.草家-新田不動流だだん体操
15.ō家-技kan流工po術
14.草家-雲隠流忍法

これらの学校のほとんど(Ryuha)は武士学校です。 3つの学校は、現存する最後の忍者学校です。 忍術も参照してください。 初美はまだ後継者を指名していない。

1990年から今日まで

健康上の問題(糖尿病)と彼の妻の世話のために、初美は現在日本にのみ残っています。 彼はまだ武神伝(本部道場)で修行中です。 彼は世界中で数多くの軍事および公的賞を受賞しています。 彼は、哲学と科学の2つの博士号を取得しました。 1986年、彼はブラックベルトの年間最優秀インストラクター賞を受賞しました。 彼は科学者、印象派の画家、俳優、音楽家、歌手、作家であり、新聞や雑誌に数え切れないほどのコラムを書き、忍術に関する多くの本を書いており、「三妙」と呼ばれる武神館雑誌を出版しています。 彼は25本以上のビデオを作成し、多くの映画に参加しています。「忍びのモノ」、人気の子供向けシリーズ「ジラヤ」と「ステキのママ」の50エピソードです。

うねり

ボ・F・ムンテ:忍術、ドイツ語版1992。

初美:鉄山。 ドイツ語版2001.page 81

初美正明:高度なスティックファイティング、2005年。42ページ

文学

初美正明:忍者の道-秘密のテクニック。 出版社Dieter Born、ボン、2009年、ISBN 978-3-922006-53-4
ヴォルフガング・エティグ:高松利次。 武道の伝説の伝記。 2004、ISBN 3-924862-11-7
初美正明:半身術-uki心R。 2006年、ISBN 3-924862-05-2
モシェ・カスティエル:サムライとニンジャ・ボリュームI:日本の武道の歴史と伝統。2004、ISBN 3937947000

ソース: Wikipedia